読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

”スライダー小手”の打ち方

先日、「竹ノ内選手の小手打ちは左拳が中心線にないのですが、この打ち方は有効ですか?」という内容のコメントを頂いた。

そのとき、「あっ!こんな使える技なのにまだ書いていなかった」と思った。まず、適当にこの技を”スライダー小手”と名付けることにする。特に中心線の攻防が厳しくなる高校生以上に関しては必ず使える技なので、是非参考にしてほしい。

続きを読む

「突き」と「飛び込み面」の使い分け

今回は突き技に関して書いていきたい。

皆様は「突き」を有効活用していらっしゃるだろうか。

突き技は以前書いたように、↓

突き技 カテゴリーの記事一覧 - 読むだけで強くなれる剣道ブログ

技の一つとして持っておくと、表から裏から随分と相手の中心線を崩しやすくなる。「その技が一本になる」という危険性だけではなく、そこからの崩しを考えたときに最高の突破口となるので是非とも身につけたい。また、相手がガッチリ構えているときの突破口として飛び込み面に頼っている人は「飛び込み面のみでは打開できない場面」というものを知ってほしいと思う。なお、今回の内容は以前の記事でも触れていることの繰り返しになるが(なぜか「突き技」のPV数が異常に少ないので今回の内容に絞って書きました)、超重要な事実について触れているので、是非参考にしてほしい。

 

今回参考にしたいのはこの動画。↓

www.youtube.com

0:35〜の安藤翔選手の突きをご覧いただきたい。

この突きを研究することで「なぜ突きじゃないといけないのか」「飛び込み面でだけではダメなのか」という疑問点が解消できると思う。

 

静止画を見ていきたい。

f:id:Bekon:20181014010721p:plain

一足一刀からジリジリと間合いを詰めた安藤選手はまず小手を放つ。

 

 

f:id:Bekon:20181014010844p:plain

小手は防がれ、その後、ワンテンポちょっとした間が空く。おそらく一秒くらいの僅かな時間ではあるが、互いに「どうする?」と様子を見ているような一瞬だ。

 

f:id:Bekon:20181014011124p:plain

そこから表の諸手突きを繰り出す安藤選手。

 

f:id:Bekon:20181014011236p:plain

決まる。

 

この場面、もしこの打突が「諸手突き」ではなく「飛び込み面」だったら絶対に当たっていない。

なぜか?

それは「突き技」は「打突動作の開始から竹刀が打突部位を捉えるまでの時間」が圧倒的に短いからだ。単純に言えば、”突き技は面技より速い”。だから、「来るな」と思ったら竹刀がもう喉元を捉えている。もしくは、突かれた後に突かれたことに気づく、ということがよくある。

 

このシンプルな理屈はレベルが上がるにつれてより重要度が増すように思う。大学生くらいになれば7人制の団体戦で「全部の有効打が三本くらい」というような試合もよくある。レベルの向上と有効打の数は反比例するのである。ハイレベルになるほど、相手の防御が間に合わないくらいの「突き技」は重要な武器となる。全日本選手権などで長い延長の末に突き技が決まり手になることが少なくないのはこれが理由である。

この事実は「瞬発力がない人」に特に知ってもらいたい。飛び込み面を得意技にできない人。そういう人にとっては「突き」は最良の打開策となる。

また、「突き方」については以前の記事をぜひ読んでほしい。ここで述べていることが今回の参考動画でも「そのまま」であることが確認できると思う。