読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

有名剣士、強豪チーム分析

韓国剣道を攻略する【完全版】

マジか・・・。 何をいまさらと思われるかもしれないが、次の世界大会(世界剣道選手権大会)が韓国開催であるという情報を昨日知ってしまった。しばらく剣道から離れるとまったくそういう情報が入ってこなくなる。いやーしかし、

寺本将司のミステリアスな横コテ

寺本将司。私はこの人の剣道が好きだ。 今から十年ほど前に絶頂期を迎えていた彼の剣道は、どこか掴みどころが無いように見えた。長身であるがいわゆる正剣ではない。中心をガッツリ張るタイプではなく、ゆらゆらと剣先を漂わせ、あらゆる角度から打突部位を…

ヒャックマンの引き逆胴

先日、何気なくYoutubeを見ていたら、私が子供の頃テレビでやっていた「これができたら100万円(?)」の一企画、「ヒャックマンに勝てたら100万円」の動画が上がっていた。 「お?そういやこんなの昔あったな。今見たらヒャックマンなんて大したことないだ…

内村良一の隠れた武器、小手・小手

思い出した。内村良一の動画を見ているときにこの技の紹介をしようと決めていた。 その技とは、「小手・小手」。 この技、使わない人のほうが多いと思う。「小手・面」は使うけど「小手・小手」ってあるの?そう思った人も多いはずだ。トップレベルの剣士で…

「腰を入れる」の一歩先

日頃よりたくさんのコメントありがとうございます。 今回は何度か質問で頂いた、 「腰を入れる、という意味が分かりません」 「◯◯選手の打突はあのスピードでどうして腰が抜けないのですか」 といった質問に答えていきたい。

完璧な逆胴を放つ女子選手

以前、逆胴の解説記事を書いたことがある。 逆胴の打ち方ファイナルアンサー - 読むだけで強くなれる剣道ブログ そのとき、「これだ!」という動画が見つからなかったので、ちょっと分かりにくい記事になってしまっていた。 最近色んな剣道動画をYoutubeで見…

九州学院を分析する⑤ ”一本を「拾う」”

さて、今回は久しぶりに九州学院の分析をしたい。 こんな記事を書くのは遅すぎるのだが、3月末の全国選抜決勝の動画を見ての分析解説をしていく。

九州学院・梶谷の「三カ所よけ」を攻略する唯一の技

それでは前回の続き、「三カ所よけを攻略する唯一の技」を紹介していきたい。

「三ヶ所よけ」を打開する唯一の方法

さて、たまには剣道っぽい記事も書いていきたい。今日のやつはいいですよ。 剣道家なら誰でも一度は悩まされることになる「三ヶ所よけ」。このデイフェンスを上手く使ってくる相手は非常に厄介だ。これをどう打開するか。唯一とも言える技を紹介したい。

勝見洋介の間合いの取り方 ”身長差、足腰のバネのある相手に対して”

先日の全日本選手権では私イチオシの勝見選手が初優勝を飾った。実は全日本選手権の前にyoutubeで警察の団体戦の動画を見ていた。「やはり彼の剣道は他の選手と一味違う」と感じていたところ、全日本選手権でも結果を出してくれた。自分の感想と結果が完全に…

密着状態から引き面を決める梅ケ谷

今回は技の解説シリーズを頑張って書いていきたい。 今回紹介する技はまたまた「引き面」。個人的に引き技が大好きであり、youtubeを観ていたら「おっ!」と思う技があったので解説することにした。この技は使えますよ〜。

抜き胴・返し胴の打ち方は竹ノ内佑也に学べ

久しぶりの技解説シリーズ、今回は抜き胴と返し胴を取り上げようと思う。 まだ打てない初心者の方にも分かりやすく、一つ一つの動作を細かく解説していきたい。

3冠・九州学院の分析における手前味噌

今年の高校剣道は(も)完全に「九学の年」となってしまった。しかし、強い。しかも今年はインターハイ個人戦まで1・2フィニッシュという無双ぶりを見せてくれた。 今回はあまり長い文は書かない。これまで書いてきた「九学分析シリーズ」がことごとく的中して…

山田凌平の"刺すような"シンプル小手

先日の日曜日、全日本学生選手権が行われ、明治大学の山田凌平選手が優勝した。私イチオシの(みんなイチオシか?)梅ケ谷選手はベスト8という結果に終わった(この結果では本人は納得しないだろうが、しっかり上まで勝ち上がるのがすごい)。 試合は結構yo…

山下忠典の"打てば決まる"不思議な引き小手

山下忠典。その名をご存知だろうか。中央大学在学中の4年間で関東個人を3度、全国個人も一度制した、大学剣道界における伝説のような人物である。

米田敏郎と並ぶ歴代最高の剣道指導者・江島良介

以前、「九州学院を研究する」というテーマで複数の記事を書いた。近年の九州学院高校剣道部が残している成績というのは明らかに高校剣道界で過去最高のものであることに疑いの余地はない。その九学を率いるのは米田敏郎監督。勝つことに関して、”現在”、彼…

出小手は「引き出して打つ」。極めれば勝見洋介

最近は特定の技について記事が書けていなかった。中高生は今、試合前の一番大事な時期なので、あまり新しい知識や技を取り込む時期ではないという私なりの配慮があったのである・・・。ただ今回、「出小手」について書くのだが、この技を理論的に紐解くこと…

ディフェンスの優先順位と宮崎正裕の技術

今回は「ディフェンス」について。 私は大学まで剣道を続けてきて、あらゆる強豪校、あらゆるタイプの剣士を見てきた。例えば、九州学院のような必ず結果を出す学校、全国大会の個人戦で2年連続入賞する選手などだ。彼らは他の強豪校や力のある選手とどこが…

「常に足を作っておく」ことの大切さ 九州学院星子選手、神奈川県警勝見選手の「足」

「右足を前に出し、後ろの右足は膝を少し曲げ踵を浮かせる」。基本的な「構え」の下半身である。剣士は皆、この足を土台として攻防を繰り広げるわけである。この足がなかったら絶対に打つことはできないし、守るのにも不利になる。これについて感じたことが…

相面を制すテクニック 九州学院・星子選手、梶谷選手は"狙って"打っている

以前、出鼻技の基本について記事を書いたが、今回は「相面(出鼻面、出頭の面)」に絞って説明したい。 まず、最初に知ってほしいのが、高いレベルにある選手は「普通の飛び込み面」と「"狙った"相面」とで打ち方を分けているということ。

史上最速のメン。高鍋進のメンを静止画で切り取ったら以外な事実が判明

史上最速のメン。NHKのドキュメンタリーでも特集された高鍋進の飛び込み面である。彼のメンは「見えない」。出小手や抜き胴を合わせるどころか、気付いたら旗が上がっていて打たれたことに気づく、そういう速さの飛び込み面である。

九州学院を分析する④ 全国選抜(四連覇)における今年の九学 強さの分析と攻略法

今年の九学も強い。それが動画を見終わった後の印象だ。今回の記事では彼らの剣道を細かく分析し、"もし彼らに勝つとしたら"と仮定し、攻略法を考えていきたい。

出鼻技の基本。勝見洋介は剣道界のメイウェザー

出鼻技。いわゆる剣道の「カウンター」である。出頭の技、応じ技と言うこともある。ボクシングの世界でも最も華やかで見るものを魅了するのが「カウンター」だ。剣道においてもカウンターほど芸術を感じさせるものは無い。

歴代最強剣士・宮崎正裕の剣道

歴代最強剣士とは誰か。剣道という競技の場合、戦前とか明治時代などにも伝説的な剣豪がいて、もっとさかのぼれば宮本武蔵とかになってくる(笑)。なかなか難しいのだが、現代剣道という点で言えば、「宮崎正裕」一択になる。

この「梅ケ谷引きメン」打てる?

前回、「試合で使える」竹ノ内選手の引きメンについて記事を書いた。今回は前回の引きメンに少し工夫を加えるだけで、別の状況でも使える引きメンを紹介したいと思う。

エグ過ぎ。竹ノ内佑也のシンプル引きメンは基本かつ終着駅

剣道の試合において、鍔迫り合いの状態が試合時間の7〜8割を占めるのをご存知だろうか。これは、私の分析によれば小学生や中学生の試合であろうと全日本選手権の試合であろうと変わりはしない。つまり、レベルが上っても鍔迫り合いをどう制すかは試合の勝…

センスと頭脳を併せ持った秀才・梅ヶ谷翔

梅ケ谷翔。現在、剣道会で最も注目される選手の一人である。戦績は玉竜旗優勝、学生選手権優勝(1年で!)、全日本選手権3位(大学2年時・20歳!)など。

九州学院を分析する③ 九学の技

現在、剣道最強の高校・九州学院。今回は彼らが多用する技について解説する。インターハイ3連覇等、歴代最高の黄金期へと突入している彼ら。何か他校を出し抜くための裏ワザのようなものを駆使しているのか。

九州学院を分析する② 団体戦の戦い方

九州学院は「チーム」で勝つ。彼らの団体戦における戦い方は先鋒から大将まで、一つのストーリーで繋がっている。単純に勝者数が多ければ勝ちとなるのが団体戦ではあるが、そこには米田監督が丹念に練り上げた物語があり、選手たちも監督の考えをしっかり理…

九州学院を分析する① 〜米田敏郎という人間〜

インハイ3連覇、玉竜旗2連覇、年間4冠等、九州学院剣道部の黄金時代が続いている。これがどれだけ凄いことかというのは剣道をやっている人なら誰でも分かるだろう。むしろ、凄すぎて訳がわからないというレベルだ。というのは、剣道という競技は強いほう…