読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

西村英久選手から学ぶ、すべての基本となる「飛び込みメン」。左足は継ぐな!!

「左足を継がない」

平成27年の全日本選手権決勝、西村英久選手が決めた飛び込み面はまさに全ての剣道選手のお手本となる、素晴らしいメンでした。

一見、シンプルで単純とも言えるこのメン、実は凄まじいほどに基本に忠実で相手からしてみたら脅威とも言える最高の飛び込みメンです。

何度も言います。「左足を継がない」これこそ剣道の基本中の基本。

 

西村選手のメンでそれを学びましょう。

 

www.youtube.com

この試合、西村選手は「左足を継がない」飛び込み面を2本奪って快勝します。

 

f:id:Bekon:20160207134414p:plain

左足の位置に注目!

 

f:id:Bekon:20160207134455p:plain

右足でグイッと間合いに入る西村選手。しかし、左足は前の位置のまま。

 

f:id:Bekon:20160207134608p:plain

そこから一気にドゴーン!!

 

 

この脅威分かりますか?

 

おそらく、剣道している人の8割以上は右足で相手の間合いに入ったあと(2番めの写真のあと)に、左足を継いで面を打ちます。

この「左足を継ぐ」というのは最悪です。何故かと言うと、そこにリズムが生まれるからです。「1、2〜」とか「継いで、メ〜ン」みたいな感じですね。

高いレベルになればなるほど、左足を継ぐ人のメンを見切るのは容易です。「1、2〜」のリズムですから、「1」の瞬間に「来るな」と分かります。出小手、抜き胴打って下さいと言っているようなものなんです。

 

要するに、左足を継がない人は、いつ打ってくるのかわからないんです。「1」のときにはすでに打ってきてますから。出小手、抜き胴にも対応しづらいし、遠間からでもドゴーンと来るプレッシャーが常にある。

スピードがなくても構いません。むしろ、左足を継ぐよりスピードは落ちます。助走が無いというか、反動が無いわけですから。しかし、ヌワ〜としてグイっ〜と伸びる飛び込み面になります。そっちの方が相手からしてみたら怖いです。

あと、左足を継がないで打てるメリットは他にもあって、同じく左足を継がない技、ツキや相面、出小手などそこから派生する技が豊富にあります。この基本ができないと何にも出来ませんよ!

 

 ただし、これ、簡単なようで出来ない人からしてみたら結構難しいようです。私は中学のときからこれだけは第一優先事項で普段の稽古から意識していました。構えて、「右足を出す」感覚です。その時、「左足で蹴る」イメージは必要ありません。右足をヌア〜っと前に出すイメージです。早い人は一週間、遅くても一ヶ月で出来るようになりますよ!

 

 

で、上の試合の飛び込み面の解説です。

勝見選手は準決勝まで、相手の出頭を鮮やかに仕留める技を何本も決めて決勝まで進んできています。ボクシングで言うところのカウンターパンチャー。カウンターを極めているカウンターマスターです。

この場面、西村選手がもし、左足を継いでいたならば、抜群の反射神経を誇る勝見選手は簡単に避けていたでしょう。むしろ、得意の相面か出小手をお見舞いしていたかもわかりません。

西村選手は絶対に応じ技を喰らわないタイミングで打たなければならない。

一本先取し、相手はこっちが捨て身のメンに来ることは想定外だ。

そして、それまでの攻防の中で間合いとタイミングを探っていた。

その間合いとタイミングが合った瞬間、左足を継がず「1」で思い切り跳べばイケる。

感覚か思考かは分からないが、西村選手がそういう判断を下したのは間違いないでしょう。

 

ちなみに、九州学院は全員この左足を継がないメンが徹底されてます。西村選手も内村選手も同じようなメンですね。左足を継がず、打つときは上半身を投げ出して捨て身で打ち切る。今回の西村選手のメンを見たとき、「九学のメンだ」と思いました。

 

では。