読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

剣道の筋肉を科学する① ジェシカ・アルバのお尻と共に大殿筋の必要性を学ぼう

今回から「剣道の筋肉を科学する」ということで、剣道に必要となる筋肉について述べていこうと思う。初回は剣士にとって最も大切な筋肉である大殿筋について。そもそも、大殿筋という筋肉をご存知だろうか。下の写真から大殿筋の位置を当ててほしい。なお、皆さんの眼球を癒やすために、アメリカが誇るキュートな女優、ジェシカアルバの写真を利用している。大殿筋はどこだろうか。

 

f:id:Bekon:20160306202700j:plain

http://jessicaalbanews.blog.fc2.com/blog-date-201501.html

f:id:Bekon:20160306202713j:plain

www.rezavoircats.com

f:id:Bekon:20160306202722j:plain

http://ameblo.jp/soja-mocha310/entry-11893107772.html

すばらしいお尻である。そう、プリっとしたお尻。それこそが大殿筋の正体だ。この大殿筋、女性のセクシーシンボルでもあるが、アスリートにとっては最も大切な筋肉でもある。特に剣道にとっては。なお、人体の筋肉の中で、太もも前面の大腿四頭筋に次いで大きい筋肉でもある(大殿筋が最も大きいとしている書物もある)。

 

f:id:Bekon:20160306220552j:plain

 

f:id:Bekon:20160306205106j:plain

大殿筋の部位は赤丸のところである。

よく野球のスカウトは選手のお尻を見ると言われる。お尻を見るだけで選手の将来性が予測できるのだろう。それほどスポーツにとって大切な筋肉だ。また、この筋肉は日本人より外国人のほうが圧倒的に発達している(特に黒人は骨盤が日本人に比べて大きく前傾しているため、お尻の筋肉が発達しやすいようだ。)。これは様々なスポーツで日本人があまり活躍できない理由の一つではないかと個人的には考えている。

例えば、前回のサッカーワールドカップでのコートジボワール戦。コートジボワールの選手は全員が異様なほどプリプリとしたお尻。残念なことに体幹トレーニングをあれほど極めた長友選手も彼らに何度も何度も吹き飛ばされていた・・・。その時、体幹なんかより絶対に必要なのがお尻!と私は確信した。なお男性にとって、女性のプリっとしたお尻は何ともセクシーに感じる。これは動物的に健康である証であって、メスの丈夫な体を本能的にオスが感じ取っているのではないかと思われる。

 

f:id:Bekon:20160306205202j:plain

話が脱線してきたので、大殿筋の働きについて述べる。赤丸が左のお尻の大殿筋で、青で示したのがその働きである。大殿筋は「太ももを前から後ろに押しやる」作用を持つ。自分の動作を想像して考えてほしいのだが、人間は歩くとき、走るとき、椅子から立ち上がるとき、これら全て「太ももを前から後ろに押しやる」動きをしている。剣道の打突はどうか。打突の動作をイメージしてほしい。感が良い人は剣道にとって物凄く大切な筋肉であるのが分かるだろう。

 

f:id:Bekon:20160306205852p:plain

f:id:Bekon:20160306210031p:plain

剣道の打突。太ももを後ろに押しやる作用で体全体を前に出し、爆発的なスピードを生んでいる。打突の初動は大殿筋とハムストリングのパワーのみが生み出している。

 

剣道で必要な筋肉は上半身より圧倒的に下半身だ(近年流行りの「体幹」はその次!)。もちろん大殿筋のみが下半身で必要な筋肉ではないが、大殿筋のトレーニングは大半が大腿四頭筋(太もも前側)、ハムストリング(太もも裏側)も一緒に鍛えることができる。

トレーニング法としてはスクワット系のトレーニングや短距離ダッシュなどが有効だ。特に高校生以上の全国区を目指す剣士は、100キロのバーベルを担いでお尻をきっちり下までおろすスクワットが10回以上できるようになるのが一つの目安になるだろう(追記:筋力の目安として。下までおろすスクワットをメインにしないほうがよいとは思う。剣道の動作とかけ離れているので)。最初からできることはまずないが、そこまで鍛える価値は絶対にある。

なお、ウェイトトレーニングというものはあくまで瞬発力を伸ばすものであるから、高負荷・低回数で行うのが望ましい。一般的には「限界で10回前後」の重量や種目で行うのが筋肥大と瞬発力アップにつながるとされている。20回以上できるような筋トレは単に筋持久力を向上させるだけで瞬発力アップには全く結びつかないので止めるべきだ(追記:40秒以内に全力を出しきる動作が速筋を肥大させる。10回というのは目安で、だいたいのトレーニング種目が10回で約20〜30秒ぐらいだからである。バーベルスクワットの浅く曲げるトレーニングなどはリズミカルに一回一回を素早く行うものなので30回ぐらいが限界の重さが適正となる)。筋トレで瞬発力を上げて、普段の稽古で筋持久力とスタミナを養うのが良いだろう。

 

追記:ものすごいものを見つけてしまった。女子テニス界の最強の筋肉魔人・セレーナ・ウィリアムス。この大殿筋が強さの源なのは言うまでもない。大殿筋、鍛えるしかないっしょ。

f:id:Bekon:20160306224159j:plain

http://birthofblues.livedoor.biz/archives/51505670.html

大殿筋川柳: セレーナの ケツから生まれる パワーかな