読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

剣道の指導者が言うべきではないけれど真実でもあること

「剣道は剣の理法の修練による人間形成の道である」。全日本剣道連盟が定める剣道の理念だ。短いこのフレーズであるが、非常に深く、他のスポーツとは異なる剣道のオリジナリティを端的に表した言葉である。

 

この理念が源になっているのか分からないが、剣道の指導者は「私生活=剣道」とか「剣道は人間を表す」とか「剣道は精神力を養うためのもの」など、よく言うものである。これらは正しいところも多くあるとは私も思う。

ただし、絶対に言ってほしくないことが一つだけある。それは「勝ち負けはどうでもいい」という言葉だ。

この言葉は非常に危険である。何しろこの言葉を聞いただけで素直な子供は「勝たなくていいんだ」=「向上心を持たなくていいんだ」と思ってしまう。

指導者がこの言葉を言ってしまう気持ちもわかる。確かに剣道の本質は「勝敗の結果」ではない。剣道を学ぶ過程で身につくものこそが剣道の本質だと私も思う。しかし、それは絶対に、勝ち負けにこだわり、必死に考えて、工夫して、努力して身につくものである。

なので、指導者であるなら真実であるこの言葉を言いたくても胸の奥にしまって、子どもたちに勝つことを目指させる過程で成長を見守るべきだ。その結果、「剣道の理念」は実現するものだと思う。子供たちが成長して酒を呑んだときに真実であるこの言葉を話してあげればよい。

私が指導者であるならば、剣道の歴史を踏まえ、「剣の勝負=生死をかけた死合(試合)、である。武士は負け=死だった。だから、剣道は絶対に勝利を目指さなければならない。」と説くだろう。

私自身、中学から大学まで全国区レベルで頑張ってきたのだが、本格的に必死で剣道をしてきて本当に良かったと思う。それもこれも勝つことを目指させてくれた先生のおかげだ。はじめはヘナチョコ剣士だった。

そして、真実なのが、例え日本一になったとしても、それが「人生の金メダル」ではないということ。その人から剣道の実績を取り上げたら何が残るか。それこそがその人が剣道で何を学んできたかを表すと思う。しかし、それはあくまで本気になって「勝ち」を目指さないと得られないものなのである・・・。