読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

史上最速のメン。高鍋進のメンを静止画で切り取ったら以外な事実が判明

史上最速のメン。NHKのドキュメンタリーでも特集された高鍋進の飛び込み面である。彼のメンは「見えない」。出小手や抜き胴を合わせるどころか、気付いたら旗が上がっていて打たれたことに気づく、そういう速さの飛び込み面である。

 

私が直接、全日本選手権を見に行った中で「見えなかった技」は「栄花直輝の突き」と「高鍋進のメン」、この2つである(宮崎正裕のメンも同じぐらい速いと思うが、生で見たことはない。彼が選手権に出ている時代に見たかったなあ)。剣道の技で「見えない」というのは恐ろしいレベルだ。ボクシングのパンチよりももっと全身を使うのが剣道の打突であるし、防具を装着し、竹刀を握っているわけである。勿論、「見えない」というのは「竹刀が見えない」のではなくて、「体の動きすら見えない」。

多くの剣士は、トップ選手の試合を観戦するとき、「すごいなあ」「オレもあんなになりたいなあ」で終わってしまう。「何が自分と違うのか」「どう打っているのか」「どういうことを考えて、どういう試合運びをしているのか」研究するのが私である笑。間違ったらいけないのは、「トップ選手の剣道だから全てが異次元で真似なんて何も出来ない」と考えないこと。必ず学び取れることがある。それどころか、真似したらすぐに使える技や駆け引きがあるかもしれない。常に研究、分析!である。

 

さて、高鍋選手の一本集の動画がこちらである。↓

www.youtube.com

百聞は一見にしかず。「見えない」という意味がすぐに分かるだろう。これ、動画でもすごいのだが、生で見ると本当に人間技とは思えないほどに凄い。私が彼のメンを見て連想するのは、魚のカレイやヒラメなどの底魚が獲物を捉える瞬間だ。普段はヌラ〜リ、ヌラ〜リしているけれど、間合いに入った瞬間にボンッ!という感じ。

そして、研究好きな私はそのスピードの秘密を解明したくて動画を静止画で切り取ってみた。そこには以外な事実が・・・。

 

見て欲しいのは腰と右足の位置(赤丸)。そして打突後の引きつけの左足(青丸)。↓

f:id:Bekon:20160409152123p:plain

f:id:Bekon:20160409152149p:plain

f:id:Bekon:20160409152226p:plain

彼の飛び込み面はほとんど同じような動きである(その他の静止画も記事下に添付)。

特徴的なのは何と言っても、打突前後の右足の位置。実は約20〜30センチほどしか跳んでない。ほとんどが「その場メン」なのだ。なので彼の飛び込み面はほとんどが「距離のない飛び込み面」である(勿論、グイッと伸びるメンも打てるとは思うが、一本になっているのはほとんどが「その場メン」であった)。

とは言え、それだけでは相手の面に竹刀は届かない。その距離をどうやって稼いでいるかというと、「上体の前傾(写真2枚目)」である。右足を出しつつ高速で上半身を前に倒す。この動作によって、竹刀を相手の面に届かせ、爆発的なスピードを実現しているのである。イメージとして、ムチの動きを想像してみたら分かりやすいだろう。ムチの持つところ=足、ムチの真ん中=体幹と腕、ムチの先端=竹刀だ。ムチを打つとき、手で持っている位置は変わらないが遠くまで打てる。そして、ピッ!っとムチをしならせたら、手元から先の方まで力が完全に伝わり高速で勢い良くパチンと打つことができる。そのように、高鍋選手は足腰から竹刀まで、完璧に連動させてメンを打っているのだ。

また、腰の位置についてであるが、打突の前より打突の瞬間の方がちょっと高い位置にきていることが分かった。意識としてはテニスのサーブやバレーのスパイクのようなイメージで、「体を伸ばすことで末端(竹刀)に力を伝える」動きをしているのだと思う(これ、分かります?非常に大切な感覚です)。だから腰はちょっと浮く。「常に腰を入れろ」という指導を受けている人は要注意で、腰を入れ過ぎたら「高鍋式その場メン」は打てないだろう(当然、ほとんどの技は腰を入れることが大事ではあるのだが、例外もあるということ)。

そして、3枚目の写真の「左足の引きつけ」について。多くの剣士が勇み足(左足を右足の前に出すこと)をしないよう指導を受けてきたと思うが(私も)、彼は完全に勇み足をしている。メンを打った後の引きつけはまるで走っているかのようだ。これ、内村良一選手も同じように飛び込み面の後は完全な勇み足をする。考えれば、打った後は勇み足をしたほうが打突後素早く体を相手に寄せられるし、相手の横を抜けていくときも速く抜けられる。また、打突後の「寄せ」や「抜け」のスピードが上がるということは、技のキレも良く見えるので、審判の旗も上がりやすくなるだろう。なので、彼の飛び込み面は打突前後を含めて非常に鮮やかに見える。ちなみに私は先ほど、エア剣道で「勇み足飛び込み面」を打ってみたのだが、出来ない笑!動きの癖はなかなか変えられないということだ。今剣道をガッツリやっている人は勇み足で「早く寄せる、抜ける」という練習をするべきだというのが私の意見だ。

 

高鍋選手であるが、その他の飛び込み面を見ても同じような軌道を描く。下に写真を貼るのでよく観察してほしい。↓

f:id:Bekon:20160409162601p:plain

f:id:Bekon:20160409162624p:plain

f:id:Bekon:20160409162650p:plain

f:id:Bekon:20160409162711p:plain

f:id:Bekon:20160409162727p:plain

f:id:Bekon:20160409162745p:plain

f:id:Bekon:20160409162825p:plain

f:id:Bekon:20160409162840p:plain

f:id:Bekon:20160409162859p:plain

ほとんどのメンが同じような形なのが分かっただろうか。ラグビーの五郎丸選手のキックは体の各部位が全く同じ軌道を描くらしいが、それは剣道のトップ選手の打突も同じなのだ。

 

なお、この「その場メン」は「遠間からの技ではない」というのを理解しておくこと。高鍋選手がこのメンを多用するのは、彼の持って生まれた筋力的天性と反応速度があってのものだ。普通の選手が近間で勝負し続け、このメンを多用するのはあまりにも危険だ。

しかし、このメンは距離が出ない分、明らかに普通のメンより速い。試合の中で一瞬近間になるとき、相手が距離を詰めてこようとした瞬間などに有効な技だ。読んでくれている方の「技の引き出し」の一つになればと思う。