読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

バドミントン桃田選手の賭博問題と剣道の坊主頭

先日、バトミントンの桃田選手と田児選手が違法カジノで賭博を行っていた問題で、バドミントン協会は両選手のオリンピック派遣を見送ることを決定した。何しろ、彼のバドミントンの腕前は相当なもので、世界ランキング2位でメダル候補だったそうだ。

 

世論は「違法賭博をしていたのだから登録抹消は当然だ」「自覚が足りない」「服装・頭髪から乱れている」など、バッシングの嵐だ。それだけでは飽きたらず、マスコミはホステスとのキス写真などを公開し、さらに炎上を煽っている。

私の意見は世論とは真逆だ。私は両選手を守ってあげたいような気持ちでいる(できるわけはないが)。理由として、まず、違法賭博が存在している事自体が大問題だ。しかも、それが行われている場所はある建物の一角であり、警察がそれを早くから摘発できなかったことこそクローズアップされるべき問題であるはずである。そもそもギャンブルというのは中毒である。やるなと言われてやめられるほど甘くはない。パチンコがこれだけ浸透してしまっている以上(なぜ政府はパチンコを許してるの?法律上完全にアウトでしょ?なぜ?なぜ?)、そこから更に刺激を求めて違法賭博に走ってしまうのもある意味仕方がないことではないだろうか。彼らも被害者なのだ。

これを防ぐには合法のカジノを作る以外無いと思う。カジノと聞いて毛嫌いする人も多くいると思うが、カジノで行われるポーカーやブラックジャックなどは海外では「チェス」や日本の「将棋」「囲碁」のような位置づけで、単なるギャンブルの域を超えたものになっている。そして、カジノを含めた周辺の総合施設は「IR」と言い、そこにレストランや遊園地やモールなど、家族ぐるみで一日中遊べるような場所になる。パチンコなどよりよほど価値がある。

そして、桃田選手へのバッシングについて一言。なぜ髪を染めていたらダメなの?アクセサリーしてたらダメなの?競技に関係あるの?それが彼の人間性を左右するの?ホステスとキスしたらダメなの?それだけで私生活が乱れていることになるの?

これは剣道の坊主頭にも大いに関係があることである。坊主頭にしていたら剣道が強くなるの?私生活が良くなるの?人間性が養われるの?ではなぜ先生は坊主じゃないの?

日本人は器が小さくなってしまったのだろうか。どうも他人の些細な事をつつきたがる。自分には何の関係もないのに。

日本の一番素晴らしいところは「自由である」ところだと思う。それは完全に憲法で守られている。他人のことばかり気にせず、自分の人生を自由にまっとうに生きていくべきだ。もっと他人に対して寛容な人が増え、温かい国になればいいと思う。そして、剣道界も伝統は守りつつ、時代に合わない習慣は改めて、より良い競技になっていってほしい。

 

剣道川柳: 桃ならば バドガールの桃 埋もれたい