読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

剣道の競技レベルを向上させたものとは

私は剣道をやめて、もう10年以上が経つ。
その間、剣道という競技は飛躍的に進化を遂げた。特に高校生、大学生あたりはそれが顕著だ。
竹ノ内選手が大学生で全日本選手権で優勝したり、同じく大学生の梅ヶ谷選手が3位に入賞したことからも、高校・大学のレベルが向上しているのは間違いないだろう。

よくオッサン剣士の方々は「自分が学生のときは~」とか、「あいつが高校生のときは~」とか武勇伝を語りたがる。
その語り口は「今やってるお前らの世代はレベル低いよ。俺らはもっと高いレベルでやってたよ」と暗にアピールしているかのようでイラッとする。

私は剣道を現在やってないので、偏見なくジャッジすることができる。断言するが、現在の方が遥かにレベルが高い。例えば、私のような30代が高校生だった頃と今の高校生では全く比べものにならないだろう。 我々は絶対勝てない。
基本の成熟度、技のキレ、足さばきのスピード、これら全て、大幅にレベルアップしている。

それでは読者の方は、何が剣道のレベルを向上させているのか、お分かりだろうか。
ちなみに私も最初はそれが分からなかった。
「ナゼだ??」
しばらくの期間、答えは見つからなかったが、ある日、「これだ!」という秘密を掴んでしまった。

あまりに単純で拍子抜けするかもしれないが、答えは………
「スマホ」「Youtube」。

現代剣士はyoutubeで有名選手の動画を見ることなど当たり前中の当たり前だと思うが、我々の世代では考えられなかったことだ。剣道日本や剣道時代を読んで有名選手の剣道を文章から想像するしかなかった笑。
「中大の山下ってどんな剣道するんだろう」
「PLの鍋山の面ってヤバいんだろうな」
「九学の内村の剣道は完璧なんだろうな」
こんな妄想の中、稽古に励んできたのが30代以上の剣士だ笑。

私もこのブログで技の解説をやっているが、youtubeから多く引用するようにしている。こんなに分かりやすいものはないからだ。
ちなみによく使うのが、0.25倍速で見る方法(これはパソコンのみの機能かな?)。これで見てみたら技の出し方が実によく分かる。youtubeは凄すぎる。
思うに、全国の剣士が同じ様なことをやっているのだろう。レベルが上がるわけだ。





そして、この事と関係ないかもしれないが、深いストーリー性を個人的に感じてしまうことがある(脱線!!)。




アメリカで、ある一人の行いの悪い少年が、自宅のガレージで何やら変な機械を作っていた。
その機械は時を追うごとに洗練され、やがて会社ができた。そして、その商品は世の中に出回るようになった。それが"パソコン"である。

しばらく経つと、彼はパソコンを超小型の手のひらサイズに変えてしまった。人々はその超小型パソコンをポケットに入れて持ち歩くようになった。"スマホ"の登場。
それは人々がどんな場所でも新しい情報に触れ、学習できることを指す。
勿論、「剣道」という競技においても。

「スティーブ・ジョブズ」という、ひねくれ少年がガレージで始めたマニアックなモノ作りは、今では世界一の企業「アップル」となった。
彼は「デザインこそ全て」という名言を残している。おそらく、目に見える「カタチ」以外にも、機能面や流通まで完璧に造り上げる、ということだと思う。
そして、それは日本の禅の文化からインスピレーションを受けている。彼は仏教徒に改宗してまで日本の禅文化に没頭した。
そうして出来上がった、シンプルを突き詰めたデザインのその商品を、世界中の人々が手にしている。
それはアメリカから遠く離れた日本という島国の、剣道というマニアックな競技さえ変えてしまっているのだ。
我々は剣道家として、何やら不思議な感覚を覚えないだろうか。