読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

Q.右腕の方が太いのですが大丈夫ですか?

皆さま、随分と更新が滞っているこんなブログにコメントを頂き、ありがとうございます。
これから、コメントで頂いた質問の中から「これは!」というものは返答を記事にしていきます。

最初に紹介したい質問は、
「剣道は左手が重要だと言われます。ですが、私は右腕の方が太いです。これは変な癖がついてしまっているからですか?」
という質問。



確かに、剣道は左手が非常に重要だ。基本的に左手は常に体の中心線に位置していないといけない。これは構えているときのみならず、打突時も体の中心線に左拳があるのが通常だ(この原則が適用されない特殊な技もある)。
では右腕は?右腕は全く別である。「横から小手」や「フェイントから裏の面」などの技は、体の中心線から左右に随分と動く。右腕の方が動かす範囲が広いということだ。
これは基本的な技においても言えることで、例えば、飛び込み面の腕の動きも、左手は「ほぼ伸ばすだけ」、右手は「曲げて・伸ばす」という動きをしている(動きを再現して確認してほしい)。つまり、竹刀を振る(曲げて・伸ばす)動きを司っているのは右腕だということだ。
ということは両腕の負荷においても、当然、右腕の方が負荷が高いということになる。右腕の方が太くなるのは自然なことなのだ。
右腕の方が太くてちょっと心配な人は全く気にしなくてよい。そのまま稽古に精進してほしい。(どうでもよい情報だが、私自身も右腕の方が完全に太い。大学の仲間も大多数がそうだった)
ちなみに左手の方が重要だという固定概念で左手のみの片手素振りを行っている人も多いように思う。絶対に右手の方も鍛えよう。
「左手が重要」というのはパワーのことではなくて、「常に中心に置いておく」という意味なんですね。