読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

Q.昇段審査についてコツを教えてほしい。

Q.剣道家にとって、試合に勝つことプラス、昇段審査も大きな目標だと思います。昇段審査についてポイントなどがあれば教えてください。

 

 

以下、返答です。

 

私は昇段審査なんてどうでもいいと思っている。もっと言えば、時間の無駄で受けない方がいいとすら思っている。

それはなぜかと言うと、段と実力が全くもって比例していないからだ。私自身、4段しかもってないが、現役時代は7段8段の人でもほとんど圧倒することができた。

(勿論、警察特練あがりの8段は鬼のように強い。ボコボコにされた。こういう人が真の高段者だろう)

昇段審査というのは言ってみれば、実力があったら受かる、無くても運が良ければ受かる、それだけのものだと思う。大学生で取れる4段まで、自分の周りはみんな受かっていた。

そして、間違いないのが、運良く8段になった人と、インハイチャンピオンでは、後者の方が実力が上だということ。その上、後者の方が剣道の本質も深く理解している。

昇段審査とは何のためのものだろう。

剣道の本質が理解できており、体現できれば、試合でも強いはずだ。それだけでよいではないか。それを否定したら剣道という競技そのものの否定になってしまう。

なので、私がおすすめする昇段審査対策は、「実力を高める」ということだけになってしまうのである。