読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

勝見洋介の間合いの取り方 ”身長差、足腰のバネのある相手に対して”

先日の全日本選手権では私イチオシの勝見選手が初優勝を飾った。実は全日本選手権の前にyoutubeで警察の団体戦の動画を見ていた。「やはり彼の剣道は他の選手と一味違う」と感じていたところ、全日本選手権でも結果を出してくれた。自分の感想と結果が完全に一致したのである。非常に嬉しい。

www.youtube.com

 

ちなみに過去に書いた勝見選手の記事がこちら↓

出鼻技の基本。勝見洋介は剣道界のメイウェザー - 読むだけで強くなれる剣道ブログ

「常に足を作っておく」ことの大切さ 九州学院星子選手、神奈川県警勝見選手の「足」 - 読むだけで強くなれる剣道ブログ

 

勝見選手の素晴らしいところはその他にも色々あるのだが、今回の全日本選手権を見て、私が一番印象に残った「間合いの取り方」について今回は取り上げたい。

 

さて、間合いを表す語句として、剣道には「遠間・中間・近間」の3つがある。

「間合いの取り方」を説明する前に、この3つの間合いについての前提を述べたい。

遠間→打突が届かない距離〜全力で跳んでやっと届く距離

中間→普通に跳べば届く距離

近間→それよりもっと近い距離

私が考える3つの間合いの分類は上の通りだ。なので、身長や足腰のバネなどで各個人の3つの間合いは違ってくる。当然、身長が高くて足腰のバネがある人が一番有利で、普通の人が「遠間」と感じているところが相手にとっては実は「近間」だったりする。そのことを頭に入れて試合に臨むべきだと思う。

 

そして、今回の決勝戦は「勝見VS國友」。この二人を比較したときに、上で述べた間合いの条件に関して、勝見選手はハンデを背負っていることになる。

身長差が6センチ(この6センチがどれだけ感覚に違いを及ぼすか、剣道家なら誰でも分かるだろう)、なおかつ、國友選手は大会随一の「伸びる面」を持っている。飛び道具の射程距離に関しては確実に勝見選手を上回るだろう。勝見選手は彼をどう攻略していったのか。

 

①デフォルトは遠間

基本的には遠間にいること。これが最も重要。

剣道の試合は「打たれずに打つ」のを念頭に置かなければならない。このブログでは何度も言っていることなのだが、打たれてしまっては元も子もないのだ。試合はディフェンスから!

この試合の場合、勝見選手としては「中間」なのに、国友選手からしてみれば「近間」の距離が存在する。その距離は勝見選手にとって非常に危険。勿論、その間合いで勝負しても得意のカウンターなどで勝つことが出来るかもしれないが、それはギャンブルになってしまう。

対策としては遠間をデフォルトとすること。そこから距離を縮める場合は何かしらの「攻め」が必要となる。

よく、「身長の低い人は近間で勝負を〜」と言う人がいるが、それは危険極まりない勝負、単なる博打となる可能性が高い。むしろ、「高身長の相手=その場打ちで届く」VS「低身長の自分=跳んだら届く」という距離は相手にアドバンテージがある。

「基本は遠間で、そこからどう距離を縮めていくか」という理屈のある戦い方のほうが勝率は安定するだろう。その点において、勝見選手はまさに完璧といえる。遠間から中間に差し掛かる距離で細かく足を使って、危険な距離にとどまることは無いのが彼だ。

 

②詰めるときは「圧」を多彩に

とは言っても、遠間にい続けたら打てるものも打てない。一本取るには間合いを詰める必要がある。

勝見選手は細かく足を使って間合いの出入りを行うタイプだ。基本的には必ず相手にプレッシャーを与えるような攻めをしながら間合いを詰める。詰めるときは決して単純ではなく、「ドンッ、ドンッ」と踏み込みながら入ったり、かつぎのフェイントを入れたりと、多彩な間合いの詰め方を見せてくれる。と、思えば、決勝戦の決まり手の小手のように、「色」を見せずにスッと間合いを詰めて打ってくることもある。

試合を見ていて、「勝見選手が主導権を握っているな」という印象を私は受けたのだが、それはこのよう間合いの詰め方に理由があると思う。構えている状態からの攻防は「遠間から勝見選手が丁寧かつ多彩なバリエーションで間合いを詰めていく」という展開だった。

こうなってくると、やはり相手は「どこを打ってくるのか?」「どのタイミングで?」と迷いが生じる。「詰められる」状態というのは相手の方が前への推進力もあるので、相打ちでも不利だ。それでもしっかりタイミングを見計らうことが出来れば打突の機会も訪れるが、勝見選手のように「詰め方」が多彩だと、それを限定することも難しい。

このように、戦い方次第で間合いのハンデをプラスに転換することもできる最高の例だと言えるだろう。

ちなみに「相手にプレッシャーを与える間合いの詰め方」であるが、

・斜めから中心を取って(表からor裏から)詰める

・ドンッと踏み込みながら詰める

・竹刀をクイッと上げて詰める

・竹刀を抑えて(表からor裏から)詰める

・竹刀を払って(表からor裏から)詰める

・小手を見せて詰める

・突きを見せて詰める

・こちらも打てる防御の体勢で詰める

etc...際限なくあると思うので、色々試してみたらよいと思う。

 

 

ということで、今回の記事とします。ぜひ、記事内容を照らし合わせて動画を見てみてください。

あと、沢山のコメントありがとうございます(*^^*)

ちょっと仕事が忙しくて、全く返信できておりませんでしたので、本日返信コメントも書きます。

仕事はもう少しで楽になりそうです。来月からは更新も増やせるのではないかと思います!(^^)