読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

タバコと剣道

最初に、皆様へのお詫びです。

このところ、更新が滞っており、大変申し訳ございませんでした。
書こうという気持ちはずっとあったのですが、いかんせん仕事が忙し過ぎます。本当は「今年は楽になる」と上司が言っていたのですが、蓋を開けてみれば全くの逆でした。毎日3時間残業ではブログを書く時間なんてありません。
なので、これからは土日に最低1記事は書きます。今後ともよろしくお願いします!

 


さて、久しぶりの更新なのですが、意外なところからいきましょう。
テーマは「剣道とタバコ」。

 

ちなみに私は非喫煙者。学生時代は吸っていて、お金がもったいないという理由で禁煙したタイプだ。これを前提に書いていきたい。

 

先日、Yahoo!ニュースを見ていたら、こんな記事があった。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6236546

 

この「飲食店全面禁煙」について、個人的な意見(だからどうでもいいのだが)は反対だ。禁煙にするかどうかは店の判断に任せるのが当然だろう。
そして、読んでほしいのが、このニュースのコメント欄。非喫煙者の罵詈雑言の嵐だ。何をそんなにイラついているのだろう。タバコを吸って落ち着いた方がいいんじゃないかと思う。

 

正直、これまでいろんな喫煙者と非喫煙者を見てきたが、こと剣道家となると、驚くほどに喫煙者に猛者が多い。警察官も然りである。喫煙者と非喫煙者を剣道偏差値で分けたら喫煙者の方が確実に上に来るだろう。(もちろん、確実なデータ分析などはしていないが)

 

これはなぜなのか。
まず、間違いなく言えることは、俗に言われる「喫煙によるスタミナの減少」が実は全くと言ってよいほど、無いこと。
これは私を含め多くの喫煙者が実感してきたことだ。個人的には1%もスタミナに変化は感じられなかった。
そして、禁煙した後にスタミナが増加することも一切なかった。
これはおそらく、「マラソン選手のタイムが2時間10分から2時間11分になる」というレベルの話だと思う。

 

次に考えられるのが、「頭を使う」ということ。
たいていの喫煙剣道家は稽古後に一服するだろう。試合前や試合後も。そのとき、必ず自分の剣道というのを見直すだろう。
「面打ちはこうした方が良いかな」
「次はこういう攻めを試してみよう」
「次の相手はこうこう攻略しよう」
という具合に。
「三上」という言葉がある。いいアイデアが浮かぶのは、
馬上→馬(乗り物)に乗っているとき
厠上→トイレ中
枕上→寝るとき
これにおそらく喫煙者は「煙上」が加わっているのだろう。意外と日常生活の中で物事をしっかり考える時間というのは無いのだから。

 

そして、これも絶対的なのが、喫煙者の方が性格が穏やかな人が多いということ。器が大きいと言っても良い。
剣道が強い人というのはかなりの確率で「人間がデカい人」だ。細かいことは気にせず、それでいて頭をよく使う人。熊本人が剣道が強いのもこの気質に関係があると思っている。
それで、なぜ喫煙者にそんな人が多いのか。これは推測なのだが、一度喫煙したら「いい気分転換になるからまあいいや」「体力?変わらんよ」というマインドを持っているのだと思う。

 

以上が近年の嫌煙ブームと剣道(他のスポーツも)について思うことである。
付け加えると、そもそも喫煙が体に悪いとはどうしても思えない。私の周りで喫煙で死んだ人を見たことがない。
喫煙率は大幅に下がっているのに、肺癌死亡率は大幅に高くなっている。肺癌と喫煙もおそらく無関係だろう。
それに、受動喫煙は体への影響は全くないことはもう医学で証明されている。(匂いは嫌だというのはよく分かる)

 

もっと大らかにいきましょう、いろんな人がいていいじゃないか、ということです。


些細なことにイラつく人を見て、ときどき「ん?」と思うことがあります。本当に剣道が強い人はそんなことすら感じないのでしょう。この辺が私が二流で終わった原因ですね😄
では🙋🏽‍♂️