読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

ボられないプロテインの話 

剣道家というのはちょっと頭がおかしいところがある。

特にフィジカル面について、「あまり筋肉は付けすぎるな」とか「稽古のみで質のいい筋肉を」とか、昭和、むしろペリー来航以前のような古い価値観を持っている。

これについてはもう答えは出ている。剣道という競技は筋肉の量は多い方が良い。というのは、剣道の「一本」というのは、人間の審判がそれを判断するからだ。例えば一方がミサイルのような飛び込み面を放つ選手で、もう片方がBB弾のようなそれしか持っていない場合、後者の技に旗が上がる可能性は極めて低くなる。審判というのは両者を常に比較して一本を判断しているのだ。

勿論、プロレスラーレベルの筋肉なら重すぎて極端に持久力や俊敏性が落ちるので剣道に適さないと思うが、99%の剣道家はその領域にない。

日本はスポーツ後進国だと私は思っている。これだけの先進国で人口も多い国で、オリンピックのメダル数やその他メジャースポーツでも活躍の度合いは非常に物足りなく感じる。

アメリカやヨーロッパと日本のスポーツレベルの差、それの一番の原因はやはり筋肉量の差だと思う。

こう言うと、異論を唱える人が大勢出てくる。「骨格が違う」「筋肉の質が違う」とか。

だがしかし、それも誤りだ。何より、人種的に近いであろう韓国人に対しても明らかに日本人はフィジカルで劣っている。剣道の世界大会でもそれは顕著に動きの中で見て取れる。極端な話、フィジカル面のみ大きく劣っていて、それが韓国に苦戦する最大の原因だと私は思っている。

 

剣道家は筋肉を付けるべき。筋肉を成長させるためには「トレーニング・栄養・休養」の3つが必要である。この中で特に剣道家が軽視しがちな(というよりなぜか無関心・無頓着な)栄養について以前、記事を書いたことがある。↓

アンチ・カタボリック 〜剣道で得られる筋肉を「もらうか」「捨てるか」〜 - 読むだけで強くなれる剣道ブログ

 

プロテイン摂取はシンプルに言うと多ければ多いほど良い(日本人の感覚なら)。食間が4時間も空いたらもう筋肉は減少モード(カタボリック)に入ってしまい、アウト。そういう意味では「部活」というのは最悪で、完全に体内にアミノ酸(タンパク質)が抜けた状態で激しい運動をすることになる。スーパーカタボリック状態だ(私の自宅近くの高校球児も、だからガリガリなのだろう)。必ず食間にプロテインを摂取すべき。

朝 朝食(タンパク質多めの!)

10時頃 プロテイン

昼 昼食(タンパク質多めの!)

3時頃 プロテイン

部活終了後 プロテイン

夜 夕食(タンパク質多めの!)

就寝前 プロテイン

このような食生活ができれば、筋肉は素晴らしい成長をみせてくれるだろう。特に中学生〜高校生の成長ホルモンが盛んな時期にタンパク質(プロテイン)を取り損なうというのはあまりにももったいなさ過ぎる。

謎に包まれているのは、中高生でプロテインを摂取する人が少なすぎること。大人より絶対的な効果があるにも関わらず。指導者自身が栄養に対する知識を持っておらず、それによって子どもたちの成長をどれだけ妨げていることか。  

と言っても、そこで悩みのタネとなるのがその金銭的負担である。

例えばザバスやウィダーなどの国内メーカーのプロテインを飲み続けると一ヶ月3kg消費するとして、12000円ぐらいかかってしまう。これは大学生などにとっては厳しい金額だろう。

私も筋トレは今も続けており、「安い・美味い・質がいい」プロテインを追い求めてきた。そして、今、その理想とも言うべきプロテインが手に入る時代となった。

それがこれ。

マイプロテイン | スポーツプロテイン・サプリメント・健康食品

 

My Protein というイギリスのブランドだ。このブランドを知ったときはもう衝撃すぎて、「今までは何だったんだ・・・」と思ってしまった。と同時に、このブログでも伝えるべきだと感じた。

ヨーロッパNo.1のブランドらしいので、大量生産による大幅なコストダウンを実現しているのだろう。何しろ、5kgのホエイプロテインの定価が10000円を切る。それに加えて頻繁に30%offなどのセールを行うものだから、国内メーカーの価格の3分の1以下である(大体、国内メーカー品が1kg約4000円汗)。画期的なゲームチェンジャーだ。

 

勿論、プロテイン以外にも様々なサプリメントがびっくりするような超破格で売られているので、セールのときにまとめ買いすればコストパフォーマンスは抜群だろう。個人的には「ホエイプロテイン」「BCAA」「クレアチン」「アルファ・メン(ビタミン・ミネラル群)」の4つを手に入れれば、ほぼ完璧な栄養素を実現できると思う。それでも全部で月4000~5000円ぐらいか。破格過ぎる。

 

おそらくこのブランドが現時点で最強だと思う。

もし、これを上回るブランドやサイト、ショップができたならまた紹介したい。

(読者の方も「こっちのほうが!」などあれば、ぜひコメントください。お願いします)

 

あと、もし、指導者の方でこのブログを見ている方がいらっしゃれば、お願いだからスポーツ栄養学の勉強をしてほしいです。あまりにも剣道界は無頓着なので。栄養素なんて、摂ればいいだけです。伸ばせるところを伸ばさないというのはあまりにももったいないと思うんです。

保護者の方も同様です。私の親とかもアホ丸出しで、「白米さえ食べれば必要十分」という謎の信仰を持っています汗。最低限、タンパク質多めの食事を作ってあげること、プロテインを買ってあげること、これぐらいはしてあげてほしいですね。