読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

打突は「大きく振る」べき?

ご無沙汰しております。

最近仕事が忙しすぎてなかなか更新できておりませんでした。それプラス週末は必ず女子と遊ぶようにしておりまして、そちらの方はなかなかの打率で調子が良い反面、ブログのほうが疎かになっておりました。かなり疲れているので、今回も短くズバッといきます!

お題は「打突の振り幅」について。

これについては学校や所属チームのレベルによって、意識が明確に異なっているように思う。おそらく、ほとんどの方は「打突は大きく振れ!」「強く打て!」と教わってきたのではないだろうか。

 

私の経験上、その「終着点」はむしろ逆のように思う。

打突は「小さく」「刺すように」「軽く」である。

 

こう言うと、大半の指導者が言う「大きく」「強く」という教えは誤りのように聞こえるかもしれない。だがそれも全て間違いだと断定することはできない。(ちょっとややこしくなってきた汗)

要するに、初心者や筋力不足、技術が足りない人は「小さく」打っても打突が弱すぎて一本にできないのだ。その段階ならば、「大きく」という意識でOKだ。大半の小中学生、女性剣士はこれに当てはまると思う。

 

だがしかし、「筋力も技術も一定レベルを超えているにも関わらず全部大振り」という人は非常に多い。正直、その動きによって一本にできる機会を大幅に逃しているように思う。とてももったいない。

 

これまでの記事で高鍋選手の飛び込み面や竹ノ内選手の引き面、山田選手の小手などを解説してきたが、それらに共通するのは「竹刀を振らないこと」である。全て「刺す」ような軌道で技を繰り出している。なおかつ、「軽く」打つ。力まずとも体の力を上手く剣先に伝える技術と筋力を有している。目指すべき終着点はここだと思う。

 

なので、打突の振り幅については自分の実力を自問して、「まだまだだな」と思うのなら「大きく」「強く」という意識を持つべきであり、「いける」と思う人は「小さく」「刺すように」「軽く」を目指すべき、というのが私の考えだ。特に後者の人に強く訴えたかったのが今回の記事である。