読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

「腰を入れる」の一歩先

 日頃よりたくさんのコメントありがとうございます。

今回は何度か質問で頂いた、

「腰を入れる、という意味が分かりません」

「◯◯選手の打突はあのスピードでどうして腰が抜けないのですか」

といった質問に答えていきたい。

おそらく、多くの方が剣道を始めた段階から、「腰から前に!」「腰を引くな!」「体を立てたまま打て!」という指導を受けてきたと思う。

この指導は間違いではないとは思う。特に初心者のうちは腕と足だけで打突してしまうものだと思うので、体の中心である「腰」を前に出すことで「全身の力を剣先に伝える」「スムーズな重心移動を行う」ことが可能になる。

 

しかし、剣道で「勝ちたい」と思うのなら、それだけでは不十分だ。ただ「腰を入れる」だけでは駄目。

絶対に身につけるべきなのが「腰を入れる」+「前傾」の打突。

これこそが「打突スピードを上げる」「遠くへ跳ぶ」ための技術である。

(しかしながら、こういうこともおそらく、大半の指導者は説明してくれないと思う)

 

そこで気をつけるべきポイントを以下の静止画で説明したい。

↓こちらは以前の記事で紹介した高鍋選手の面。

f:id:Bekon:20170809222145p:plain

左が高鍋選手。飛び込み面の初動。

 

f:id:Bekon:20170809222550p:plain

これが打突の瞬間。まさに「腰を入れる」+「前傾」の打突。

ここで質問にあった「腰を入れる」という意味についての説明をしたい。

上の静止画の赤線を見ていただきたい。この赤線は高鍋選手の肩と腰を結んだラインである。つまり、このときの背骨の状態を表している。このラインが「人間の正しい立ち方」同様、緩やかにカーブを描いている。このカーブが少しでも描けていれば「腰が入った」打突になる。このカーブがもし、逆だったら・・・猫背打突の腰引け打突となる。

なので腰を入れる上で意識すべきはこの背中のカーブ。これがちょっとでもあればOK。直線でもギリギリOKだ(これが出来ていれば、入れ過ぎなくても良い)。

「腰が入っていない」と感じる人は「背中のカーブ、背中のカーブ・・・」と念仏のように唱えながら稽古すると良くなっていくと思う。  

ただし、これは前傾すればするほど結構な筋力が必要となる。ケツ・ハム・脊柱起立筋・腹筋のどれかが弱かったら実現不可能なので、鍛えるべきだ(筋トレ記事も書かなければ・・・。それにしても、技術というのはほとんどが筋力の問題と絡んでくる・・・)。女性や小中学生は筋力不足の可能性が高いので、前傾のレベルを考えつつ稽古に取り組むのが良いと思う。

ちなみに、赤丸が膝の位置。肩・腰・膝がほぼ直線上でつながる。全身の力を最速で素早く剣先へ伝える、最も理想とすべき打突体勢だと思う。(あえて「腰を入れ過ぎていない」とも言えると思う。入れ過ぎたらこの直線にならない。)

 

他の静止画でもやはり同じような体の使い方だ。↓

f:id:Bekon:20170809224832p:plain

f:id:Bekon:20170809230224p:plain

ガッツリ前傾しつつ、背中のカーブはやはり崩れていない。かつ、肩・腰・膝が直線上にある。

 

この技術、これまでの飛び込み面の記事も併せて読んで頂けたらより深く理解できると思うのでぜひ。↓

西村英久選手から学ぶ、すべての基本となる「飛び込みメン」。左足は継ぐな!! - 読むだけで強くなれる剣道ブログ

史上最速のメン。高鍋進のメンを静止画で切り取ったら以外な事実が判明 - 読むだけで強くなれる剣道ブログ

相面を制すテクニック 九州学院・星子選手、梶谷選手は"狙って"打っている - 読むだけで強くなれる剣道ブログ

三種類の飛び込み面を使いこなせ! - 読むだけで強くなれる剣道ブログ

あと、「背中のカーブ」について関わりがあることも書いております↓

美しさと身体能力は比例する - 読むだけで強くなれる剣道ブログ

 

 

以上で今回の記事を終了します。

 

 

中高生は「剣道の夏」が終わった頃ですね^^代替わりの時期です。引退する人は新たな剣道を作っていく期間に入りますし、新チームになった人は試合で活躍してやろうと期待と不安が入り混じる時期でしょう。今回の記事が参考になれば幸いです。

そういえば最近、youtubeをサーフィンしてたら島田紳助が漫才でトップに立つまでの過程を語っている動画があったんです。それが面白かった。

「漫才の教科書はない。だからオレはそれを自分で作ろうと思った。これをやったら売れる!という漫才の分析をとことんやった。売れている人の漫才をすべてノートに書き写してテンポ、ネタ、パターンを全て解き明かした。すると、見えてきた。自分の実力でもこれならできるし絶対にトップを取れる、という漫才が分かってきた。だから、オレが売れたのは当然。予定通りに売れただけ。つまり、一番大事なのは分析、研究。努力はせんでええ。準備や。」

と言っていました。

中田英寿も「僕は才能は全然なかった。でも、自分が何をすべきか、どこを伸ばすべきか常に考えていた。それだけなら自信がある」

と同じようなことを言っていました。

剣道にも通じるところがありますね〜。