読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

「手首の返し」はこうする

以前、コメントで「手首の返し」について何度もメッセージのやり取りをしたことがあったので、そちらについて述べていきたい。

まずは、下の写真をご覧いただきたい。

f:id:Bekon:20171114221252p:plain

宮崎正裕選手(右)の面

 

f:id:Bekon:20171114222528p:plain

同じく宮崎正裕選手(左)の小手

 

この2つの静止画に共通する手首の使い方について。

もうすでにお分かりいただけたかと思うが、右拳と左拳が同じくらいの高さに位置している。この手首の使い方はトップ選手に共通したものであり、必須の技術と言える。

もう少し具体的に述べたら、「左拳が右前腕に触れるぐらいのところまで手首を返す」ということだ。そのとき、両腕とも伸ばしきったら体が右にねじれてしまうので、左肘は少したたみ、真っ直ぐの体勢を維持する(自分の打突は違うかも?という方はエア剣道でご自身の打突を確認してほしい)。どのトップ選手の動画を見ても同じような手首の使い方をしているので、色んな動画を見てほしい。

※もうすでにこのような手首の使い方をしている方も多いと思うので、そうであればこれ以降の記事を読む必要はないと思います。m(_ _)m

 

f:id:Bekon:20171114230353p:plain

はっきり言えば、今回述べていることは、刀の使い方とは全く別物である(刀であれば、例えば頭を切るとしたら、左拳はみぞおちあたりに位置することになる)。なので、日本剣道形の打突とも全く違う。それで良いのだ。竹刀は竹刀なのだから、試合で勝つことを目指すのなら竹刀に適する使い方をした方がいい。そもそも刀は「切る」、竹刀は「打つ」なので、やはり使い方は異なってしまうものだと思う。(勿論、刀同様の操作をしたい方はそれはそれで良い。だが、個人的にはそれでは勝てないと思う)

ちなみに、私が首をひねるのは、大半の人が行っている「素振り」も剣道形同様の打突であるということ。これは試合で求められる形と乖離するので、改めるべきだ。個人的には以前の記事で述べたように、素振りはする必要はないと思っているのだが、どうせやるなら今回述べた手首の使い方でやった方が良いと思う(私も学生時代は稽古に素振りが組み込まれていたので、その意識だけは持ってやっていた)。

 

なぜこのような手首の使い方をすべきかについて。

まずは何より打突距離を伸ばすこと。上2枚の静止画と下の静止画を見比べてみたら分かると思うが、両者の打突距離は随分と違う。どんな打突でも当たらなければ一本になるはずもないので、遠くまで届かせる技術を持つべきである。

次に、「振らずに打つ」ため。もはや現代剣道の打突というのは「打っている」のか「突いている」のか分からないレベルである。これも以前述べたことがあるのだが、試合で勝つことを目指すのならば、目標とすべきは「(必要以上に)振らずに強く打つ」こと。その方が当然、スピードのある打突が出来る。出頭を狙われる確率も減る。実際にこの手首の使い方を試してみたら分かると思うが、竹刀の振り幅を極端に小さく出来る。むしろ、コンパクトな「振り」を求めるのであれば、これ以外の方法は無いのではないだろうか。

 

最後に、、、

これから手首の使い方を改善していきたいという人はなかなか苦労するかもしれない。記事中では簡単なことのように書いているが、これで下半身の力を竹刀に伝えるのはなかなか難しい。今回の内容は私自身が中学生のときに気付いた事柄で、「こうしよう」と意識してから数ヶ月はなかなか打突に力が乗らなかった記憶がある。しかし、モノにしてからは打突の伸びは見違えた。おそらく、筋力も必要になるし、下半身の力を剣先に伝える(下半身から剣先までを「一つの鞭」のように操る)のはやはり反復練習が必要だ。しかしこれだけは避けて通れない技術だと思う。