読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

剣道における情報の取り入れ方

私はこれまで、先生やOB、あらゆる目上の人の指導を無視してきた。他の人に教えられることより自分で考えたことのほうが正しいという確信を持っていたからだ。

剣道界という場所はとにかく頭の固い人が多い。面打ち一つにしても現代的なアスリートの打ち方ではなく昔ながらの刀の使い方のようなものを教える傾向にある。「勝つこと」を重視していた私にとってはそのような指導の大半は必要ないものだった。

ただし、ここで注意してほしいのはあくまで私は「大半の指導」を無視してきただけであり、「全部の指導」を無視してきた訳ではない。

剣道において、「何が正しいか」の基準は「論理的であるか」だと思う。例えば、「左足を継がない打突は初動が分かりにくい。だから応じ技を喰らいにくい」というのは完全に論理的だ。「◯◯だから◯◯」という理屈が成り立ち、誰もが納得できるもの。それを基準にしていた。

”科学的なものは正しいとは限らないが、論理的なものは必ず正しい”

という名言をどこかで聞いたことがあるが、まさしくその通りだと思う。

だから、指導をもらったら、「なるほど!」と思ったものは素直に試していた。反対に「いや、それは◯◯が◯◯なので違う」と思ったら却下していた。もちろん、素直に言うことを聞かないことが多いので私を嫌う目上の人も多かった(ただし、運が良かったのは、顧問の先生は私のそのような態度が嫌いではなかったこと笑)。だが、そんなことを気にする必要がどこにあるのだろうか。そんなくだらないその場の空気なんかより、自分の剣道を高めるほうが重要なのだ。

なので、「指導」というのはまず「論理」のフィルターを通すようにしよう。もしそれが論理的かどうか分からないのであれば他人に自分の考えを伝えてみよう。それを繰り返すうちにどの情報が正しいか自分一人で分かるようになるだろう。

そして、自分の意見をしっかりと持ち剣道に取り組んだら「芯」のある剣道になる。「ぶれない」メンタルの強さもそのようなところから生まれるのだと思う。