読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

コテメンへ合わせるカウンターメン

 今回は応じ技(出鼻技、出頭の技)の解説である。

剣道の連続技である「コテメン」。これにどうカウンターを合わせるか、解説したい。

コテメンに対しては「コテメンに対してメン」「コテメンに対してコテドウ」、マニアックなところでは「コテメンに対してコテコテ」(内村選手が使う)などがあるが、今回はメンを合わせる形を紹介する。

始めに行っておくが、この技は特に高校生までの剣士にとっては超強力な武器となる。彼ら若い剣士の中で、「カウンターをもらいやすいメン」「後打ちをもらいやすいコテ」に比べて、「とりあえずコテメンを打っとけば安全」(笑)という無意識の判断があるからだ。なのでコテメンを多用する。そこにカウンターを合わせるわけである。

なぜこの技が超強力かという理由はまだある。コテメンという技は「1・2」のリズムの技だからだ。(こちらの記事に「1・2」のリズムについて解説しております↓)

出鼻技の基本。勝見洋介は剣道界のメイウェザー - 読むだけで強くなれる剣道ブログ

なので、他の「出小手」「抜き胴」といったカウンターよりもタイミングとしては合わせやすい。打てるようになれば自信を持って打てる技であり、しかも高確率で一本にできる技なのだ。

今回はこちらの動画から解説する。↓

www.youtube.com

2:20〜の一本。

では、静止画で。↓

f:id:Bekon:20180820191444p:plain

一足一刀の間合いから、

 

f:id:Bekon:20180820191602p:plain

一度、受けるような、「吊る」フェイントのような体勢を取る。が、その体勢に留まらず流れるように剣先を下げる

 

f:id:Bekon:20180820191717p:plain

相手はそこにコテメンを切りこむ。この瞬間が一番のポイント!

その「コテ」を「表」側で空に切らせている。と同時にもう、メンで合わせられる体勢に入っている。ここは一挙動で。表側に竹刀をクルッと回すようにコテを表側へ外し、その勢いのままメンに乗るのだ。

だから、動きは単純で、相手の「コテメン」の「コテ」のタイミングで、「クルッとメン!」である。右側に半円を描くように竹刀を回しながらメン!と打つだけでよい。

また、動画の場合、カウンター側の選手は二回踏み込んでいるが、ベーシックな形はもちろん一回だ。おそらく、この場面は踏み込むことで相手を引き出す狙いがあったのだろう。私はこのように誘いたいときは「コテドウ」を選択するようにしていた。

 

 

f:id:Bekon:20180820193903p:plain

しっかりタイミングが取れたら、そこからは簡単に乗れる。

ちなみに踏み込むとき、右半身に開くor真っ直ぐ打つ、の2パターンがあるが、私は真っ直ぐパターンをおすすめする。理由はこちらの方がシンプルで打ちやすいこと。また、もし相打ちに近いタイミングになれば、ほぼこちら側に旗は挙がるからである(しっかりタイミングを見極めた過程を審判は評価するのだろう)。逆に右に開く場合は、「相手のメンを避けやすい」というメリットはあるものの、空振りしやすい、打突が遅れやすい(先に当てられる可能性がある)というデメリットがある。もちろん、器用に打てる人は開いても良いのだが。

 

解説は以上である。

私自身もこの技は得意技の一つで、多くの場面をこの技に頼ってきた。

ここだけの話、この技に至る前には単純かつ理論的な過程がある。

私は、「相手が飛び込みメンを打ってきたあと」にじわじわと構えながら間合いを詰めていき、この技を繰り出すことが多かった。

なぜか?

単純に「二回連続飛び込みメン」を打ってくる選手は少ないからである(笑)
加えて、若干剣先を下げたり、裏から中心線を取ったりして「メンに来るなら出小手で仕留めますよ」という雰囲気を漂わせながら間合いを詰めていた(笑)

詰めているときはこれ以上ないほど集中する。「来てみろ、来てみろ・・・来た!」という感じで快感極まりない一本を取ることが多かった(笑)

経験上、この技は非常にタイミングが取りやすい技で、打てるようになれば「なんでこんな簡単で使える技を早く覚えなかったんだ!」と思うだろう。ぜひとも習得を。