読むだけで強くなれる剣道ブログ

大学まで全国区だった元剣士が剣道を理論的に分析するブログ。剣道の上達法、使える技をご紹介

”スライダー小手”の打ち方

先日、「竹ノ内選手の小手打ちは左拳が中心線にないのですが、この打ち方は有効ですか?」という内容のコメントを頂いた。

そのとき、「あっ!こんな使える技なのにまだ書いていなかった」と思った。まず、適当にこの技を”スライダー小手”と名付けることにする。特に中心線の攻防が厳しくなる高校生以上に関しては必ず使える技なので、是非参考にしてほしい。

 

今回はこちらの動画を引用する↓

www.youtube.com

3:20〜の小手

 

 

f:id:Bekon:20181016201206p:plain

一足一刀の間合いから徐々に間合いを詰め、

 

f:id:Bekon:20181016200824p:plain

竹ノ内選手は更に重心を前にかけるプレッシャー。

 

f:id:Bekon:20181016200642p:plain

そこから小手を放つ。

 

f:id:Bekon:20181016200810p:plain

捉える。

ここが今回最も皆様に見てほしいシーンだ。

左拳が完全に中心線を外れている。

このスライダー小手(「左拳を左側へ外す」という技術)、何も彼独自の技術ではなく、高校生でもある程度のレベルになると使っているものだ。

こうすることでどのようなメリットがあるのか?静止画を見ると分かると思うが、打突に角度が生まれる。すると・・・相手はただ構えただけの状態なのだが、角度的に小手打ちがヒットする。

相手はただ構えているだけ。そこに小手を切り込む。それでは相手は動じていないから一本にならないのでは?と思うかもしれないが、多くのパターンではそうはならない。「(相手が)打ってきた!」と感じた瞬間、ほとんどはそこから返し技を放つなり、後打ちを狙うなり、何かしら体が反応してしまうのだ。だから、審判から一連の流れを見たら、「小手を放った方の攻め」に圧されてリアクションを取っているように映るのだ。この動画のシーンでもそう見えないだろうか。

(もちろん、全く動じていない場合はいくら当たっても一本にはならない)

 

この打ち方について、動作を具体的に説明したい。

f:id:Bekon:20181016200810p:plain

最大のポイントは左手の使い方だ。

見ての通り、左拳は左側へ伸ばす。

なお、打突の瞬間、左拳は「構え」の位置より上に持ってくる事が重要である。

つまり、打突時の左拳は、腕を伸ばした状態で「左側」の「高い位置」にあるわけだ。

この左拳の軌道は「裏から突き」のそれと非常に似ていると思う。その感覚で練習するのがおすすめだ。

 

この左拳の位置、もっと極端な例で言えば、宮崎正裕選手。↓

www.youtube.com

 

f:id:Bekon:20181016204721p:plain

打突の瞬間、竹刀が床と平行になるほど、左拳の位置が高い。練習時は極端な意識を持ったほうが良いので、「床と竹刀が平行」というのは良い目安になると思う。

 

また、右手の使い方にもポイントがある。それは右手首をロックしておくことだ。

このブログでは再三言っているが、打突というのは「振らない」方が良い。面も小手も、なるべく「突く」ように打つのが試合で有効な打突だ(筋力があるのが条件だが)。

そして、今回の小手打ちは特に「振りかぶり」を極力小さくすべきだ。

考えたら分かると思うが、「振りかぶる」という動作は必ず右手首を上に一度クイッと曲げることになる(ここ大事!分かりますか?)。その「右手首を上に曲げる」動作をしないこと、抑えることが重要なのだ。つまり、右手首は打突開始時はロック、打突の瞬間は下に返すのみとなる。とは言え、もちろん少しは振らないと打突に威力も出ず、そもそも「打つ」ことにならない。しかし、あくまで「意識」の上では「右手首は返さない!」と強く思っておいて良い。その意識で打てば本当にちょっとだけしか振らない、刺すような打突が実現できる。(一度試してみれば実感できると思う)

この右手と前述した左手の使い方を組み合わせれば・・・ほぼ「突く」ような軌道、そして、左側から相手の小手へミートできる角度の軌道を描けるのがお分かりだろうか。かなり使える技だと思う。

また、以前の記事に書いているように、打突の瞬間、「右足の踏み込み」と「頭」も少しだけ左側に寄せると随分打ちやすくなると思う。こちらも読んでほしい↓

コテ技 カテゴリーの記事一覧 - 読むだけで強くなれる剣道ブログ

ぜひ明日から練習してモノにしてほしい。